古瓦、あります

昭和八年建造
原井小学校校舎の石州古瓦

当時の一級品ばかりを集められた、登り窯で焼かれた古瓦。
その数6万枚。
原井小学校が解体されると決まり、私たちはその価値ある瓦を保管する事に決めました。

一枚一枚大切に剥がし、
丁寧に積み重ねていく。

75年間、校舎やその中で過ごす人達を守り続けてきた瓦。
その役目に敬意を払いつつ、
一枚一枚大切に屋根から剥がし、
丁寧に積み重ねていきます。
もちろん全てが手作業。
瓦達に次の役目を与えられるように、
傷つかないよう注意しながら、
大切に集めていきます。
手作業で集められた瓦は、専用の台車に載せられ、
ゆっくりとクレーンでグランドに降ろされます。

大切に保管しています。

屋根から降ろし集められた原井小学校の石州瓦は、
私たちの元で大切に保管されています。

原井小学校校舎の石州古瓦は今も眠っています。
古民家再生の役目が訪れるのを待ちながら・・・。

石州古瓦の活用。
古民家再生へ。

当社では、原井小学校校舎の石州古瓦を古民家再生に役立てています。

一級品の石州古瓦を扱える瓦職人と、設計士が協力し合い計算しつくされた枚数で、
美しく屋根を葺いていきます。

当社では石州古瓦を販売するだけでなく、
古瓦を扱える一流の職人もご紹介しています。

私たちはこんな会社です。

木村窯業所 会社概要

社名 木村窯業所
代表者 木村博紀
所在地 本社工場
〒695-0021 島根県江津市都野津町1501 TEL.0855-53-0618 FAX.0855-53-0699
青山工場
〒695-0024 島根県江津市二宮町神主1964 TEL.0855-53-0688 FAX.0855-53-0656
創業 昭和6年4月14日
資本金 1,000万円
従業員 37名(平成23年2月1日現在)

社長挨拶

瓦を極力傷付けないカタチで降ろすことにこだわり、その費用だけで数百万円掛かってしまいました。
古瓦に似せた雰囲気で瓦を製造することはできたとしても、風合い、色合いまでは再現することはできません。
しかも使用されていたのは由緒正しき小学校。
これ以上はない趣を持った古瓦を、是非次代に繋げていただきたいと思っております。

株式会社木村窯業所
代表取締役 木村博紀

資料請求フォーム

は必須入力項目とさせていただいております。

お名前

例:山田 太郎

フリガナ

例:ヤマダ タロウ(全角カタカナ)

郵便番号

例:733-0000(半角数字)

ご住所

※番地・マンション名・部屋番号もご記入ください。

メールアドレス

例:sample@yourdomain.co.jp(半角英数字)

メールアドレス(確認)

※確認のためもう一度ご入力ください。

ご質問等がございましたらご記入下さい。